たかがアルバイトでも身だしなみを整える

「希望のアルバイトに応募するのは良いが、絶対に面接で落とされてガックリきている」なんて声を耳にしました。

 

原因は多々あると思いますが、本人はいたって真面目で受け答えの練習もしています。

 

バイトの希望時間などに無理はないですし、一体何が原因なのでしょうか?

 

この際に見落としがちなのが「身だしなみ」で、身だしなみによって自分の印象がほとんど決まると言っても過言ではありません。

 

 

十分に気を使わなければいけないポイントなのです。

 

例えば、いくら電話口で「面接はラフな格好でも構いませんよ」と言われたからと言って、ジーパンに穴が開いていたり派手な髪の毛の色だったり、鼻や口にピアスをしていては・・・正直マイナスイメージとなります。

 

 

私の友達がバイトに落ちたとぼやいていたのですが、まずは掌のタトゥーを消してから面接に臨むのが最適だとアドバイスしてあげました。

 

身だしなみと言われると、かっちりしたリクルートスーツを着てネクタイを締めるという印象を受けるかもしれませんが、何もそこまでする必要はありません。就職活動ではないですから、普段着で全然構わないのです。

 

 

さてその普段着が分からずに悩んでいる訳ですが、例えば女性ならシャツにカーデガン+ジーパン以外のパンツ+パンプスといった格好でOKです。厚底の靴は避けましょう。男性も同じ感じで、この時シンプルなシャツは男女共に使えます。

 

 

どうしても悩んだら、この際ユニクロで全身コーデしてしまうと無難です。爪は短く切る事が大前提ですが、女性の場合ネイル関連のバイトなどは例外です。髪形も清潔感が大切で、前髪で顔が見えないなんて事のない様にしましょう。

 

髪の色を気にする人もいますが、よほど規定がない限り髪の色よりも髪形、顔が見えるか否かが重要です。

 

 

勿論あまりに奇抜な、ピンクや真っ赤な髪の色は清潔感からかけ離れます。注意しましょう。

 

 

もしどうしてもわからないことがある場合は、面接に行く前に電話で服装や身だしなみの決まりがあるか否か、問い合わせておくと何かと安心です。

 

やっぱり、毛深さによって回数も変わるみたいですね

夏に向けてワキ脱毛をするのなら、この時期からスタートするのが良いです。

 

むしろ遅い位で、タイムリミットといった所ですね。

 

薄着になってからワキのムダ毛が気になる人も多いですが、その時期から脱毛をスタートしても完璧なワキには仕上がりません。

 

脱毛サロンでは毛周期に沿って脱毛するので、個人差があるものの6回以上の施術が必要と言えます。

 

 

ワキの毛周期は2〜3ヵ月で、多くのサロンは2ヵ月に1回の施術です。今月の末に契約と施術をしたとして、2回目は3月末、3回目は5月末、4回目は7月末となるのです。半袖になる時期でもまだ脱毛が終了していない事態となります。

 

 

これじゃあ今年のワキ脱毛は諦めるか・・とガッカリする人も多いのではないでしょうか?確かに今年の夏を万全のツル肌で迎えるのは無理がありますが、それでも何度か施術すれば毛は細く薄くなります。

 

 

元々毛深くない人なら、4回程度の施術で気にならないワキになる可能性もあります。

 

又サロンによりますが、脱毛して数日後にムダ毛が生えてきた場合は、カミソリでなら自己処理を可能としています。但し肌がデリケートになっていますので、雑菌が入らない様に気を付ける事です。あまり深く剃らない様に心掛けましょう。

 

 

 

毛抜きでの処理は毛穴から雑菌が入る原因にもなります。成長段階の毛を無理に抜く事で、毛周期を乱してしまうのです。

 

 

結果、脱毛サロンでの施術効果が低下する恐れがあります。十分注意して下さい。今からでもワキ脱毛が間に合うのですから、是非検討して下さいね。

 

自己免疫低下から・・

人との接触で感染する事が主とされる性病ですが、自己感染の比率がとても高いのが性器カンジダ症です。

 

性器カンジダ症は性行為での感染はほとんどないとされており、元々人間が持っている常在菌が、免疫低下や妊娠、抗生物質の服用、過度なストレスなどで、爆発的に増えて発症してしまいます。

 

ただし、まれにですが性行為によって菌が感染することもあるのです。その確率は5〜10%程度であり、自己感染と同様に身体の免疫力が低下している時に感染しやすくなります。

 

特に性器カンジダ症の自覚症状が乏しいとされている男性から女性への感染が多く、注意が必要です。

 

男性の場合は、仮に症状が出ている女性と性行為をしたとしても、性器をシャワーなどで洗えば菌を簡単に落とせるので感染しにくくなります。包茎の人はやや発症率が上がるものの、どちらにせよこのような場合は感染のリスクをおかしてまで性行為する事になるのでNGです。

 

 

もし性行為後にカンジダ症の症状が現れたら、まず検査をして下さい。女性は産婦人科や婦人科、男性は泌尿器科で検査を受ける事ができます。性病検査キットを取り寄せて検査する事も可能ですので、どうしても人に知られたくない場合や仕事などで時間が取れない人は、利用すると良いでしょう。

 

 

とはいえカンジダ症は、先程も記載した様に自己感染の比率が多い病気です。そこまで神経質にならず、気軽に病院で検査した方が良いと思います。特に女性の場合は陰部が我慢できない位痒くなります。おりものも変化しますし、掻き毟って陰部に傷がついては大変です。

 

 

治療自体も難しくなく、女性の場合は1〜2回の通院で終るでしょう。膣洗浄をしたり、場合によっては抗真菌剤や軟膏が処方されます。かゆみや痛み、おりものなどの症状がなくなれば完治と言えますが、私の体験談ですが驚くほど効果があります。というか、発症中は異常な痒みで夜も眠れなかったので、すぐに楽になれて安心しました。

 

 

なかには再発を繰り返す人もいるとの事で、私もなんというか癖になってしまっている(?)という感じです。

 

 

しかし一度病院でカンジダ症の治療を受ければ、再発しても薬局で薬だけ購入する事が可能となります。再発しない様に普段から免疫が低下しない様な生活を心掛けること、通気性の悪いキツめの下着ばかり着用しない事も大切です。心掛けましょう。

更新履歴