時代は繰り返すものです

ヘアスタイルの流行って面白いもので、あんなに軽〜いレイヤーとかシャギーとか流行っていたのに、とにかく軽め軽めの髪が流行っていたのに、今は重ためのヘアスタイルが主流です。

 

 

一時期はグリングリンの巻き髪が流行ったのに、今は緩め巻き髪・・というか、巻いていいるのかいないのか?

 

 

という様な、ラフな巻き髪が旬です。とにかく巻いたら崩す!が鉄則であり、未だにぐりングリンの巻き髪の女性は、かなり古臭く見られます。

 

 

 

そしてヘアアレンジも随分変わりました。とにかく今年はゆる〜く、ラフに、こなれヘアが旬ですから、あまり手をかけた感が現れてはいけません。しかしこのヘアアレンジ等々は、私の様な40歳手前女性にはとても難易度が高い事が分かります。

 

 

だって40歳手前女性がラフな髪形をしたら?それって実際は狙ってその様な髪形にしたのか?それとも単に髪形を整える時間がなかっただけの、痛いおばさんなのか?どちらかに分別されてしまいそうです。

 

 

 

よっぽどメイクやファッションがオシャレな人なら、この歳でも流行を取り入れている素敵な女性に君臨出来るかもしれません。

 

 

しかし私の様な人間は、間違いなく痛いおばさんになってしまうでしょう。ラフな髪形・スッピン風メイク、ご近所コーデ。これらのキーワードは、40歳目前であり、どうやっても垢抜けない私の様なおばさんには、悲しいかなNGとも言えます。

 

 

 

だからといって今更髪をコテで巻き巻きするのも違うし、眉毛のほっそい、ファンデべた塗りメイクも絶対に嫌だし、食料品の買い物ごときでニットワンピ+ブーツ+ストール♪なんてファッションもおかしいですよね。

 

 

 

私自身この歳になって悩み、オシャレな友達に相談し、スマホで夜な夜な同じ位の年代女性のインスタをチェックし、雑誌も読みました。そして学んだ事は、やはりこの歳になっても引き算メイクは必須みたいです。目を強調するのなら口元はシンプルに、眉をフラットにするなら目元は優しめに。

 

 

 

チークを目の下に入れて湯上り風メイクも良いけれど、正直あのメイクは20代が限界と言えそうです(泣)

 

 

酔っ払い風というのでしょうか?あれをある程度の年齢の女性が実践すると、悲しい程痛々しくなります。そしてファッションは清潔感が大事みたいです。ロング丈が流行っているからといって、くるぶし擦れ擦れのニットガウンを羽織るのはNG。

 

 

 

服がプチプラなら小物だけは上質なものをつけると、良い女性度がアップします。そして締めくくりは髪形です。

 

 

巻き髪ややたら明るめカラーは避け、これから白髪対策をしていく事になる年齢ですから、髪のケアは必須です。そして緩めのヘアアレンジで楽しめたら素敵ですね。今年は低めポニーテールが流行っていて、不器用な私でも案外簡単にできます。

 

 

 

ポイントは最初にざっくりと髪の毛を巻く事と、結んだヘアゴムをヘアアクセや自分の毛で隠す事!最近流行りのヘアカフスは、30〜40代女性がつけても素敵だと思います。私も1個買いました。簡単にヘアゴムが隠れるのでお気に入りです。