冬のわき汗対策

ワキ汗をかくのは夏だけではありません。むしろ暖房をフル回転させる冬の方がワキ汗をかく場合もあります。しかも今流行りのヒートテックを着こんで、その上からセーターを着ます。

 

 

さらにその上にウールコートを着込めば、ワキ汗が蒸発する場所がありません。そのまま蒸れてしまって不快な気持ちになりますし、酷い時には臭いに発展してしまいます。

 

 

昔の人は脱毛を行わなかったので、ワキ汗をかいてもそこまで不快感を覚えなかったと聞いた事があります。現代人はワキ脱毛が普通であり、その為にワキ汗をかくとダイレクトに肌に伝わります。

 

 

毛という通過点がなくなってしまったので、ワキ汗をかく→いきなり肌に伝わり不快感という流れになります。

 

その不快感を放置したままだと、下着やセーターに汗ジミが広がる事態になり兼ねません。冬の汗ジミは結構恥ずかしいですし、セーターの汗ジミだと黄ばみになって来年着用できなくなる事もあります。コートに汗ジミがついた場合、クリーニングでも取り切れなくて最悪捨てる羽目になります。

 

 

 

ワキの下は汗腺が集中している為、どうしても汗が出やすいのは仕方ありません。私の場合、汗そのものをシャットアウトするグッズを愛用しています。

 

 

ネット通販で定期購入しているのですが、このアイテムを使うと本当に汗が出なくなります。夏も愛用しており、そのまま冬まで継続しています。つまり1年中使っている事になります。しかしちょっと気になるのが、ワキの毛穴への影響です。今のところ肌荒れや毛穴トラブルはありませんが、この先どうなるかわかりません。

 

 

 

ですから、今日はそこまでワキ汗をかかないのでは?という日は、汗取りパットで対応しています。

 

 

このアイテムは汗自体を抑えるのではなく、出てしまった汗が衣類に触れない様にガードするものです。シールタイプなので使い勝手も抜群ですし、銀イオン配合の汗取りパットやホワイトタイプ&ベージュタイプ、大判タイプもあります。

 

 

 

汗取りパット付きインナーも好きで、数枚持っています。下着に汗取りパットが縫い付けてあるので、気になるワキ汗を自然にガードしてくれます。シールタイプの様に使い捨てではなく洗って何度でも使えるので、かなり重宝しています。この先も素敵なワキ汗グッズが出てきてほしいです。

 

 

その度に気になって購入してしまいそう。せっかく脱毛して綺麗なワキなのですから、その後の汗ケアもしっかりと行って女子力を上げていきたいです。